貧乏学生が初期費用ゼロで起業するブログ

初期費用で起業をはじめ、様々なことに挑戦する様子を紹介していきます。クソブログです。

初期費用0からの学生起業〜研究を頑張ろう〜

昨日、東京で某大手ベンチャー起業で働いている方とお話をすることが出来ました。

 

そこで自分がやりたいと考えている事業について語ってまいりました。

 

端的に申しまして、

面白いと思うけど成功させるのは難しいと思う

というフィードバックをいただきました。

 

これは事業そのものが無理なものだと言われてしまったのではなく、

やはり

初めてのスタートアップで成功させることは難しい

ということでした。

 

 

やりたいことを学生時代にやるということに対して共感はするけど、

今になって考えると、本当にやりたいことは就職してからでも出来るから、

時間がある学生のうちはスキルを磨いた方がいいと思うとのことでした。

 

 

そして学生の本分である研究をしっかりやるべきだと言っていただきました。

自分は情報系の研究室ではなく、工学系なのでITスキルに結びつかないのでは?と聞いたところ、

自分の研究の中で、

誰に言われるでなくてもソフトウェアを作って効率化してみる

実験データを解析するのをpythonとかを使ってやってみる

といいよとのことでした。

 

つまり

自分のやっている研究の目的をちゃんと把握した上で、

それを達成するためにITを取り入れる。

そのために必要なスキルを磨け!

 

とのことでした。

 

そして、スキルを得てから、

インターン等にはかならず参加して、実際のビジネスの場を体験しろ!

優秀な人の存在を知れ!

そしてから起業でもいいのではないかということでした。

 

 

その方はインターンに参加せず、自身一人でサービスを開発した経験を評価され

大手企業に就職をしましたが、

その方が自分もインターンには参加しておけばよかったとおっしゃっていました。

それは就職に有利だとかいう理由ではなく、間違いなく自己成長につながるからだという点においてです。

 

実際に第一線で活躍している人の話には説得力がありました。

その人が抱える夢などもとても壮大で、

その壮大な夢に向かって、ロジカルに筋道立てて、計画を立てているとのことでした。

 

以上の話を聞いて、

自分もやはり学生として、研究をしっかりと行い、

研究生活に潜む不便をITを使って解決する目、手法、スキルを養いたいと思います。

そしてインターン等も引き続き応募していきたいと思います。

 

 

ここまで読むと、じゃあ起業やめるんかい!!と思われそうですが、

起業の方も全力で取り組んでいきたいと思います。

 

話をしてくださった方も、

本当にやる気があるなら、

研究33%・インターン33%・起業33%・私生活1%で全力でやれ!!!

と言ってくださったので、上の三つを全力で取り組みたいと思います。

三つは相互に関連していますしね。

 

 

はい

 

おしまい