貧乏学生が初期費用ゼロで起業するブログ

初期費用で起業をはじめ、様々なことに挑戦する様子を紹介していきます。クソブログです。

初期費用0からの学生起業〜計画を立てよう〜

本日は昨日の記事に引き続き、起業に向けた具体的な流れを考えてみようと思います。

昨日の記事はこちら

 

 

still-alive.hatenablog.com

 クラウドファンディングについて書くと昨日書いたのですが、

ちゃんとリサーチして後日に書きます

 

何をしたいかという具体的なアイデアはすでに固まっているので、

  1. 一緒に起業を手伝ってくれるメンバーを見つける
  2. イデアを具体的な形にまとめる
  3. サービスを開発
  4. クラウドファンディング等で資金調達
  5. 事業開始!!

という流れかなと思います。

 

 

集めるべきは 人と金 というわけですね

 

この中で、0から起業を始めようという人にとって最初のハードルとなるのは、

 

そもそも一緒に起業するメンバーがいない

 

ここではないでしょうか。

 

 

 

最近は色々と起業支援のイベントやサービスがあるようで、

今回は人・スキルの支援をしてくれる組織を少しまとめてみました。

  1. Startup Weekend
  2. スタートアップカフェ大阪
  3. WorkCollabo

 

Startup Weekend

nposw.org

金曜の夜に集まり、週末を通じてチームを組みアイデアのブラッシュアップを行なって、日曜にプレゼンという形ですね。

参加者は純然たる起業家・起業志望者というよりも、学生や会社員の方で起業を体験してみたいという方が多いようです。

 

Startup Weekend 参加をためらう10の理由?fumidaso.wordpress.com

 

今月に東京で行われるStartup Weekendでは学生参加料は¥7,500

十分安い気がしますが、やはり無償ではないですね 

 

スタートアップカフェ大阪

startupcafe-ku.osaka

起業したい人が集まり、常駐する相談員(弁護士など)に無料で相談ができる。

加えてセミナーも行われ、ITスキル等を得ることもできます(こちらは有償)。

同じ場所に起業を志す人が集まれば、自ずと仲間も集まりそうですね。

 

WorkCollabo

workcollabo.com

 

上の二つが、実際にリアルに顔を付き合わせてその場で知り合うのに対して、

こちらは企画をもつ人が、オンラインで仲間を探すというもの。

 

全てのサービスが完全無料とのことです。

 

こちらはつまり起業全体の支援というよりかは、人・起業同士のマッチングという側面が強い気がしますね。

 

 

他にも大学の起業サークル等もありました(早稲田大学とか)

 

 

 

これらを見ると、

起業を目指す人たちが企画を登録する

企画に共感した人がエンジニア・共同創業者として加わる

投資家が気になる企画を支援する

学生がメイン

無償

 

という要素全てを満たすサービスは見当たりませんでした。

投資家はボランティアではないので、学生のパッと出のアイデアに支援できないのは当然ですし、この結果は妥当ですね。

 

 

引き続き仲間集めに使えそうなサービスを探していくので、

何かご存知の方はおしらせください。

 

 

おしまい。