貧乏学生が初期費用ゼロで起業するブログ

初期費用で起業をはじめ、様々なことに挑戦する様子を紹介していきます。クソブログです。

初期費用0からの学生起業〜そんなに毎日書くこと無い編〜

数日前には少し投稿できない日がありましたが、

基本的には毎日何かしら投稿をしていました。

 

そこで思ったのですが、

 

 

初期費用をかけずに、毎日毎日何か書くことがない

 

 

もちろん毎日何かしらアクションを起こしたり、

新しい事業案を考えたり、

勉強したりしているのですが、

ブログの記事となると、同じような内容を書くわけにはいかないので、

必然的にネタが枯渇します。

 

 

だからといって投稿しないのも如何なものかと思ったので、

出来るだけ毎日投稿していこうと思います。

 

 

 

今まではプログラミングや、オンライン講座の紹介もしたのですが、

そこら辺の記事をあげた時は、PVが多かったので、

毎日プログラミングは新しい内容にもチャレンジしているので、

そちらを投稿していこうと思います。

 

 

 

もちろん、起業・ビジネスに繋がるよう意識して勉強しているので、

あくまでそちらが軸ですが、

内容はプログラミング関係が多くなると思います。

 

 

 

起業するには小売とか出ない限り、ITスキルは必須になると思うので、

まあ参考になると考えています。

 

 

そんなわけで、少しIT関連の記事が増えるかもですが、

起業に繋がるような内容にしていくつもりですので、よろしくお願いします。

 

 

 

おしまい

初期費用0からの学生起業〜フィードバックをいただいた編〜

先ほどの記事でも一部触れたとおり、

 

実際に学生起業をなさった方に、crewというサイトを通じてアポイントをとり、

お話を伺うことができました。

 

 

 

自身が今考えている、

学生エンジニアと学生起業家(+エンジェル投資家)を繋ぐサービス

について、その方も一度同じようなサービスを企画したことがあったため、

当時のお話を伺ってまいりました。

 

僕としては、

学生起業をしたいと考えている学生に、エンジニアを見つけられるサービスがない。
投資家と知り合うことができない。
地方で埋もれる起業志望の学生を支援したい。

 

というような観点から、先に述べたようなサービスがあればいいなと感じました。

 

 

実際にその方からは、

 

優秀な学生エンジニアはそのようなサービス無しでももう動いている

そのため、優秀な人材(サービスのユーザー)は集まらない

故に投資家も集まらない

 

 

とフィードバックをいただきました。

 

某大手ベンチャーの方にも同じことを言われ、

自身も薄々感じていた内容で、やはりという印象でした。

 

 

また実際に地方の大学で起業したいと考えている学生が、本当にたくさんいるのか、

学生エンジニアでスタートアップに関わりたい(がまだ関われていない)人はどれほどいるのか、

この点についても、やはり数は少なく、ユーザーが見込めないのではというフィードバックをいただきました。

 

 

 

自身が解決したい問題として、

「起業を志望する学生が、初期費用をかけることなく、まだ特別なスキルもな状態からでも、熱意と努力によって起業を成し遂げられる社会を作りたい」

「優秀な学生同士が集まれる社会を作りたい」

という問題がありましたが、

現に僕自身が何のスキルを持たない状態からでも、

実際にアポイントを取って、起業家の方とお話できたように、

 

既にそのような下地自体は整っている

 

と感じました。

 

 

 

 

なので、僕自身がすべきことはそのようなマッチングサービスを作るということではなく、

 

僕自身がロールモデルとなって、問題解決が可能だと示すことに他ならない

 

と感じました。

 

 

 

以上の観点から、マッチングサービスを作るのではなく、

もっと周りの人がどのような問題を抱えていて、お金を出してもそれを解決したいと考えているのか、

具体的なヒアリングと仮説検証を繰り返して、Webサービスを作っていこうと考えます。

 

 

 

初期費用に関しては、できる範囲では0にこだわってやって行きたいと思います。

 

またVALUのようなサービスも駆使して、結果的に収支がマイナスにはならないよう、

ブログのテーマはブレずにやって行きたいと考えます。

 

 

 

ちょっとまとまりませんでしたが、この辺で。

 

 

おしまい。

初期費用0からの学生起業〜アルバイト退職編〜

おととい昨日と投稿できず申し訳ございません。

 

今週も起業に向けて勉強や、アポイントをしておりましたが、

ちょっと睡眠サイクルが乱れてしまって、ヘトヘトになっておりました。

 

規則正しい生活をちゃんとして、無理せず計画的にいかないとダメですね。

 

 

 

さて、今週は木曜日に帰省から戻ってまいりまして、

週の前半は主にinteeとUdemyでの勉強をしていました。

 

某大手メガベンチャーの方から、

研究に結びつけて、プログラミングのスキルを磨くといいとおっしゃていただいたので、

画像解析をPythonで行うための勉強を行なっておりました。

 

 

postd.cc

 

こちらのサイトを参考にさせていただきました。

 

 

 

そして週の後半は、今の居住地であるつくばのコワーキングスペースを訪れ、tsukubaplacelab.com

 

今日は渋谷に行き、実際に起業している学生の方からお話を聞いてきました。

 

 

 

こうして色々な活動をしていると、時間が本当に貴重だなと感じました。

 

残された数少ない時間を有効に活用するために、

現在はサービス業のアルバイトを3年ほどしているのですが、

これを年内で退職することに決めました。

 

それまでに主にRuby,Pythonのスキルを磨いて、

これを生かせる有給インターンであったり、アルバイトを探して、

お金を稼ぎながら自己成長に繋げられるようにしてまいりたいと思います。

 

 

 

少し日記みたいになってしまいましたが、

とりあえずここらへんで。

 

おしまい

こらむ〜根津の外国人と交流できるホテルがお洒落だった話〜

昨日、帰省を終えて北陸から関東に戻ってまいりました。

 

渋谷で朝8時から予定があったため、家には帰らず東京に宿をとりました。

 

Booking.comでホテルを探し、根津にある

HOTEL GRAPHYという所に宿泊しました。 

www.hotel-graphy.com

 

外観はこんな感じ

部屋はこんな感じ(一人なのにダブルツイン)

 

 

 

料金はお風呂なしの部屋で一泊4400円でした。

お風呂なし部屋の人は、共用のお風呂を無料で借りれます。

 

 

ビジターでも併設されているカフェを利用することができ、

僕が訪ねた時は外国人の男性と 、スタッフの女性がなにやら談笑していました。

 

 

写真をとり忘れましたが、iMacが自由に使える共用スペース等も無料で使用でき、

外国人の方が多く利用していました。

 

僕も実際に利用した時は、中国人の子供がトコトコと近づいてきました。

 

 

千代田線の根津駅からも近かったので、朝無事に渋谷につくことができました。

 

慌ただしく朝出てしまったので、今度はゆっくり利用してみたいと思います。

 

 

起業と全然関係ない話ですみません。

こういうところでプログラミング合宿とかやると楽しいかもです。

 

 

おしまい

初期費用0からの学生起業〜様々なプログラミング講座編〜

オンラインでのプログラミングは有料・無料ともに様々ありますが、

何個か利用してみたものと、利用してみたいものをまとめてみました。

実際にメインで利用しているinteeに関してはこちらにも書いたので、少しだけ追記します。

 

still-alive.hatenablog.com

 

 

以下の順番で紹介したいと思います

 

  1. ドットインストール
  2. Udemy
  3. intee
  4. TechAcademy

 

 

1.ドットインストール(一部有料)

http://dotinstall.com/

 

オンラインでのプログラミング講座を利用する上では、

誰でも知っているサービスだと思います。

ローカル環境の構築や、各種言語のインストール方法といった、

とても初歩的な内容から紹介がされています。

言語もJavaScriptRubyPHPPython等豊富です。

 

基本的な講座に関しては無料会員でも何度でも受講することができます。

講座は動画を視聴する形式です。

有料会員(月額980円)になると、受講できる講座の種類が増えたり、

わからない箇所をチャット形式で質問できたり、

動画の文字起こしを閲覧したりすることができます。

 

僕は無料会員ですが、0からプログラミングを始めるには、

まずはこの無料会員向けの講座で十分だと思います。

ローカル開発環境の構築を最初に受講する人が多いのではと思いますが、

この講座は手順を示すだけで、実際にどういう処理が行われているかについてはあまり説明されないので、

自分でコマンドの意味を調べながらやることをお勧めします。

 

 

2.Udemy(有料)

海外発のサービスで、日本ではベネッセが手がけています。

 

プログラミングに限らず、ビジネススキル、スポーツ等の様々な動画講座を有料で受けることができます。

f:id:still-alive:20170816174937p:plain

このように購入したい講座を選択して購入します。

高頻度でセールをやっているので、実質講座は1000〜2000円程度です。

講座は様々な分野の専門家が開設しており、

自分で講座を設けることもできます。

 

 

 

僕は起業を考える前からpythonを趣味でほんの少しだけ齧っていたので、

昨日Python・Numpyによるデータサイエンスの講座を買ってみました。

f:id:still-alive:20170816175227p:plain

 

初期費用かけとるやんけ!!という声が聞こえそうですが、

これは起業というより僕のキャリア形成・趣味なのでご容赦ください・・・

図書館等に行けばオライリーをはじめとする様々な出版社の、Pythonでのデータサイエンスの書籍が借りれます。

 

書籍による独学よりも、ガイドがしっかりしているので継続できそうです。

また、講座によるのかもしれませんが、開設している方に直接コメントを送って、

質問をすることもできます。

購入した講座は期限等なく何度も繰り返して学習ができます。

 

3.intee(条件あり無料)

過去記事でも紹介した、ITプロパートナーズが運営するサービスです。

面接を行い、通過すれば、逆求人イベントの参加・講座の修了を条件に無料で受講できます。

 

 

今受講中ですが、同時期から受講し始めた人との相対的な進捗度もわかり、

ある種進めることを強いられるので、継続性はあると感じます。

詳しくは冒頭に紹介した過去記事を。

 

 

4.TechAcademy(有料)

 

TechAcademy [テックアカデミー] | オンラインのプログラミングスクール

 

自身は利用していないのですが、やはり有名どころだと思うので紹介しておきます。

言語も豊富にあり、様々なコース、料金体系があり、メンターの方もつき、

効果的にプログラミングを学べるのではと思います。

無料説明会も開催されているようです。

 

はじめてのプログラミングコースが、四週間コースで59,000円です。

分割もでき、月々2500円からです。

 

Udemyの講座を二つ買うとだいたい2400円なので、

包括的にプログラミングを学びたかったり、メンターについてほしいなど、

サポート体制を重視するならこちらの方がいいかもしれないですね。

 

今のところ利用の予定はないですが、利用してみたいです。

 

 

 

 

他にもen-courageの手がけるGeeksalon等さまざまありますね。

完全無料にこだわるならドットインストール+書籍かintee

多少プログラミングができたり、狭い分野を突き詰めたいならUdemy

総合的に活躍できるエンジニアを目指すならTechAcademy

 

といった感じですかね。

 

またしばらくしたら追記したいと思います。

 

 

おしまい

 

 

 

こらむ〜地元福井のコワーキングスペース〜

僕は福井県の出身で帰省で帰って来ているのですが、

福井県にも起業志望のコワーキングスペース等はあるのかなと思い、

検索してみました。

co-co-po.com

 

こちらのサイトから

このなかでも駅前にあり興味を持ったサンカクさんを訪ねてみました。

 

www.kimamori.jp

 

 

一階はカフェのようになっており、二階部分がコワーキングスペースに。 

カフェの看板は出ていたのですが、コワーキングスペースも併設されていることが分かりづらかったです。

 

まずは一階で550円のアイスコーヒーをのみ(少し高いかな?)、

f:id:still-alive:20170816002817j:plain

 

飲み終えて支払いをしてから、二階部分に登ってみました。

 

登ってみたところ受付の人は不在で、利用している人がいたのでビジターはどこにお金を支払えばいいのか聞いたところ、

今はビジターは利用できないのでは?とのこと。

 

少しがっかりしてスペースを出ました。

 

 

 

コワーキングスペースというよりは、会員制のラウンジに近いのかなぁという感じでした。

もっとオープンな方が人の出入りが盛んになって、アイデアが交換されるのでは?と感じましたが、

人が多くなると落ち着いて作業できないという人もいるでしょうし、

考え方次第ですかね。

 

 

地元福井にも起業をしてみたいな、と考えている学生がいるのかはわかりませんでした。

 

 

帰省中なのでブログはこの程度で失礼します・・・

 

 

おしまい

初期費用0からの学生起業〜研究を頑張ろう〜

昨日、東京で某大手ベンチャー起業で働いている方とお話をすることが出来ました。

 

そこで自分がやりたいと考えている事業について語ってまいりました。

 

端的に申しまして、

面白いと思うけど成功させるのは難しいと思う

というフィードバックをいただきました。

 

これは事業そのものが無理なものだと言われてしまったのではなく、

やはり

初めてのスタートアップで成功させることは難しい

ということでした。

 

 

やりたいことを学生時代にやるということに対して共感はするけど、

今になって考えると、本当にやりたいことは就職してからでも出来るから、

時間がある学生のうちはスキルを磨いた方がいいと思うとのことでした。

 

 

そして学生の本分である研究をしっかりやるべきだと言っていただきました。

自分は情報系の研究室ではなく、工学系なのでITスキルに結びつかないのでは?と聞いたところ、

自分の研究の中で、

誰に言われるでなくてもソフトウェアを作って効率化してみる

実験データを解析するのをpythonとかを使ってやってみる

といいよとのことでした。

 

つまり

自分のやっている研究の目的をちゃんと把握した上で、

それを達成するためにITを取り入れる。

そのために必要なスキルを磨け!

 

とのことでした。

 

そして、スキルを得てから、

インターン等にはかならず参加して、実際のビジネスの場を体験しろ!

優秀な人の存在を知れ!

そしてから起業でもいいのではないかということでした。

 

 

その方はインターンに参加せず、自身一人でサービスを開発した経験を評価され

大手企業に就職をしましたが、

その方が自分もインターンには参加しておけばよかったとおっしゃっていました。

それは就職に有利だとかいう理由ではなく、間違いなく自己成長につながるからだという点においてです。

 

実際に第一線で活躍している人の話には説得力がありました。

その人が抱える夢などもとても壮大で、

その壮大な夢に向かって、ロジカルに筋道立てて、計画を立てているとのことでした。

 

以上の話を聞いて、

自分もやはり学生として、研究をしっかりと行い、

研究生活に潜む不便をITを使って解決する目、手法、スキルを養いたいと思います。

そしてインターン等も引き続き応募していきたいと思います。

 

 

ここまで読むと、じゃあ起業やめるんかい!!と思われそうですが、

起業の方も全力で取り組んでいきたいと思います。

 

話をしてくださった方も、

本当にやる気があるなら、

研究33%・インターン33%・起業33%・私生活1%で全力でやれ!!!

と言ってくださったので、上の三つを全力で取り組みたいと思います。

三つは相互に関連していますしね。

 

 

はい

 

おしまい